空き家の問題がクローズアップ


空き家の要因

空き家は、年々増加しています。要因はいくつか考えられますが、大きな要因では、相続問題が挙げられます。これは、親世帯とは別に子世帯が住居を手に入れているために、ゆくゆくは親世帯の住居が空いてしまうためです。

引き継ぐためには、相続税がかかりますし、維持していくために固定資産税などの維持費も考えていかなくてはなりません。また、別荘として購入した家の維持継続が難しくなり、空き家化する例もあります。

いずれの場合も何らかの対策が必要です。どのような空き家の活用が考えられるでしょうか。それは、空き家を貸す・売る・更地にする・別荘にするなどと色々とあります。空き家を改築して別荘などにできれば、自身で活用できるので一番良いでしょう。なかなか難しい場合は、ある程度リフォームをして賃貸として収益を得る方法や中古住宅として販売する方法などが一般的です。珍しいところで、民泊として活用することや街の自治体に維持費程度の経費を払ってもらい貸し出すという例もあります。

せっかく、親世帯から譲り受けたりなどで縁のある住宅ですので、方法を考えながら大切に維持管理していきたいものです。こういった意識の向上が地域や街の景観向上や治安衛生の安定にも繋がります。