空き家の問題がクローズアップ


空き家の増加

高齢者の一人暮らし世帯がクローズアップされる中、空き家の増加も同時に注視されています。空き家の増加により、大きな影響を受けるのが、街並みの景観や治安などの問題です。管理が行き届いていないために、家が老朽化してしまいます。いずれは、柱などが崩れ落ちてくる危険性が出ることが懸念です。

もしも、危険と判断されると解体を強制的にできる法律も整備されています。そこまで老朽化しなくても、誰も住んでいないことがわかれば、不法に占拠して移住を始めてしまう不審者も現れるかもしれません。何かの犯罪に結びついてしまう恐れもあります。近所に住む方に不安を与えてしまいます。また、ゴミの不法投棄や放火される要因にもなっています。

このように、空き家が増えると色々と困ることが生じますので、行政側も対策を講じています。例えば、空き家バンクという行政が絡んだ貸し手と借り手を繋ぐ試みです。行政も地域が活性化するのでメリットを受けることができます。この空き家バンクは、それぞれにメリットがあるので、良い相乗効果を生み出しています。日本人が住宅を探す時には、新築が第一条件であること場合が多いですが、このような仕組みで、中古の住宅市場が活性化されれば、空き家の増加に歯止めがかかるのではないでしょうか。