空き家の問題がクローズアップ


空き家の問題

空き家問題という言葉をメディアなどで目にする機会が増えているように感じます。空き家問題とは、誰も住まなく放置された状態であり、いわゆる空家が増えてきたことをいいます。空き家が増えると、ゴミが放置されやすくなったり、不審者が住み着いたりなどのその地域にとって良くない問題が起こってきます。そこで、各自治体などで、空き家の対策強化が進められています。

そもそも空き家になってしまう原因には、両親がなくなることで相続された家や別荘の管理が難しくなった場合が挙げられます。家の管理をする上で必要な経費は、主に3つで、固定資産税などの税金の負担、火災保険や地震保険の加入、家の維持管理のためのサービスです。住居としている家の他にも、このように管理しなければならないものが増えるのは、多くの方には負担ではないでしょうか。

このような方のために、自治体が協力運営する空き家バンクが増えています。 この空き家バンクに登録すれば、自治体の協力のもと少ない費用で借り手を探すことができます。貸し手は家賃収入を得ることができ、借り手は営利目的ではないために利用手数料の負担が僅かであるか無く、自治体が絡む物件なので比較的安心できるのではないでしょうか。

また、自治体は空き家を減らすことができ、人の移住により地域が活性化されるという利点があります。空き家を放置することは、その地域に過疎的な印象を与えるばかりでなく、所有者自身にも必要な経費の負担に繋がりますので、このような空き家バンクを利用して、早めに対策を立てることが必要となるのではないでしょうか。


==空き家の処分に関する管理人推奨サイト==
空き家バンク以外にも要らなくなった不動産を活用する方法があり、その一つが売却です。不動産売却はネットからも簡単に始められるので、詳しく知りたい方はこちらのサイトが役立ちます ・・・ 不動産売却